なんで?

働いているときは、給料を貰えなかった。

 

そんな会社を辞めて、毎日、したいようにしていたら、母からお金を貰う。

失業給付でお金が入る。

 

なんなんだろう、これは?

 

わたしが、したいようしている、

わたしからの恩恵か。

それなら、わざわざ無いところから貰おうとしなくてよいのではないか。

無いところに拘らなくても、貰えてるやん、という事実。

 

なんで、わたしは自分で稼げないのだろう?

って自分を責めていた。

役立たず。

努力が足りないんじゃないか、とか。

 

新しい気づき。

別に稼げなくたっていいんちゃう?

稼げないといけないって誰が決めたんや?

自分で稼げないと、生きていけない、という

子供の頃からの、母からの教え。

わたしは母子家庭だった。

だから母はよく、手に職をつけて一生食べて行ける技術を持て、と言っていた。

 

お金のエネルギーとか、好きなことしていれば、

お金も回るとか、言うし。

そんなのにも振り回されていた。

確かに、何もせずともお金は入ってくる。

それでいい。

もう自分で稼がなくてもいい。

そんな考えもあるよってことだ。

 

f:id:pandaroom:20170906132119j:image

人との深い付き合いが、なんで出来なかったのか?

自分の嫌いなところを受け入れられないと

人の弱い部分を、受け入れられない。

 

今まで、人と深い関係になれなかったのは、

自分の嫌な部分を受け入れてなかった。

自分の全てを受け入れていなかった。

だから、他人を受け入れられないんだ。

 

そういうことか。

好きな人を忘れられなくて、つらいときは…

あなたのことは、しばらく忘れられません。

だって、触れた記憶、身体に傷が残っている。

だから忘れられない。

忘れられなくちゃ、嫌いにでもならなくちゃ、思い出しては辛くて、仕方がありません。

 

だけどそんなうっとりした想い、別に忘れなくてもいい。

わたしは、私の想いを軽視していた。

嫌われたときづいたら、好きな気持ちを切り捨てるかのように。

そうするしか、やりようのなかった自分。

そうやってわたし自身を護ってもいたんだけど。

 

切ない気持ちは、辛さと一緒に自分を気持ちよくさせるものとして、抱きしめよう。

わたしの大切な時間。

幸せだった時間。記憶。

大事にしよう。

素敵な時間を、ありがとう。

そして、それを選ぶことができた私にありがとう。

見て見ぬ振りしていたこと。

料理。

自分が食べたいから、したいと思っていた。

出来るようになりたい、と思っていた。

 

しかし、料理は作ると、食べれないければ、意味がない。

食べたいから、作るのだから。

けど、すがりついていた、ことに気づく。

食べる必要がない、とすればどうだろう?

つくる必要もない。

 

そしたらわたしは何をして生きていけばいいのだろう?

 

せっかく見つけた、したいと思うこと。

それは食べられるから、の前提だった。

そうだ、一生食べられるひとになろう!

だけど、それだけでは物足りない。

ほかに、したいことは何?

何でもいいのかもしれない。

どんな思いをしたいのか?

恋愛もいい。

音楽の世界もいい。

そんなに何かやらなきゃいけないか?

暇が怖いのか。

何もしたくないときの時間は多いよ。

何もしていない時間も多い。

 

好きな、やりたいことをやっていこう。

そうやって仕事も選んでいこう。

 

人間は、何かにすがりつく。

だってそれが無いと、暇だ。

暇な時間がもったいない気がする。

何もしていなくても、頭の中でグルグル考えている。

 

本当は、感じてみる、身体を、空気を、自然を…

そして、ピンときたことをやっていけばいい。

それでいい。

そうしよう。

 

 

引き寄せてる!

今の上司、なんか腹立つわー。

話すのも嫌!と思っていたら、辞めれる機会がやってきた。

給料遅延という理由だけど…

お金もらえないのは、想定外だな。

だけど辞めれる正当な理由だな。

そうでもなきゃ、辞められないということか。

 

彼氏ほしい、なんて思って、身体に意識を戻すようにしていたら…

男性が近くにきた。

女性も寄ってきた。

付き合う対象ではないけれど、徐々に引き寄せてるんじゃないか?

それに、会いたいと思っていた人に、突然会えた!

びっくりして、話せなかったけど、神様、ありがとう!って思ったよ。

 

身体に意識を戻す。

これ、いいことあるよ。

それだけで、引き寄せるんだから。

 

 

 

 

朝、感じたこと。

お金が出て行くのは

人を頼るから。

自分のことは信じずに。

わたし自身を信じなかった代償なんだ。

それか、お勉強代。

 

あの場所はみんなのイライラの発散するところ。

そこであれば、アカを落としていける。

そんな場所。

みんなのイライラを落とせる場所だったのか。

キレイなところばかりがいいとは限らない。

汚してはいけない場所ばかりでは、息苦しい。

だからみんなの成長前の、汚れを落とす場所。

そうか、それは周囲がすごい人たちだからか。

周囲がすごいのは、あの人が吸収してたからか。

ステップアップ前に通過するところ。

 

叶うと怖い。

彼氏が出来ても、人付き合いができるのかどうか、また嫌われるんじゃないか、という不安。

嫌われたら、上手くいかなかったら、自分はなんて何も出来ないんだ?と辛くなる。

ということを思いしらされるから、願いが叶うことを恐れているのかなぁ。

 

生きるって…

自信ないとか、才能ないとか、どうでもいい。

したいと思うことをする。

それが人生というか、生物として、生きるってことじゃないですか!