f:id:pandaroom:20170115093341j:image

「もう人を信じない」と決めた、小5の頃。

 

それから、自分自身も人前で晒せなくなった。

殻に閉じこもった。

外と関われないわたしを自分は嫌いだったけど、今思えば閉じこもって、思いっきり私ワールドに浸ればよかった、と思う。

つまり、「人を信じない」は、「自分に帰れ」ということだったのかもしれない。

徹底的に、自分の世界で遊べばよかった。

そして、今もそうすればいい。

すると、気持ちよくなって、自然と外とも関わる自信がついてくるだろう。