今朝も夢をみた

ホテルのロビー。働いている。

フロアの半分くらいまで浸水している。

(トイレに行きたかったんかな?今、気付く)

あまり覚えていない。

 

昨晩寝る間際、考えたこと。

わたしには安心感がまるでなかった。

子供の頃からずっと、ここ最近まで。

わたしに親切にしてくれる人がいても、安心感がないせいか、この優しさに溺れてはいけない。安心できないと思って、無かったことにしていた。

だけど、もっともっとと人には要求していたのだろうな。だからみんな疲れて逃げて行く。わたしもしんどかった。

だけどこれからは、わたしも親切にしてもらっていい、優しくしてもらっていい人間だ、と思うことにする。わたしにも価値があると。これが認めるってことかな。

彼氏がいなくて寂しいと思うのは、外ばかり見ているから。そりゃ外を見るよね。子供の頃から1番近くにいる親を見れなかったんだから、外に求めるはずだ。そして外ばかり見て、寂しい思いをする。

なんで外ばかり見さされたのか?

それは、自分に戻って来るため、だったのではないか‼︎と。

自分だけでも安心できる、そんなヒーリングを受けたことがある。

自分の中に安心できるところを見つけて、そこにいるようにする。そんな時間を持つこと。

これが大きい。今でも響く。

今でも辛いことに出会うと、自分に戻る。

 

人と一緒にいれないわたしを責めるのはもうやめよう。それに、居れないわけでも無さそう。それは随時試していく。

人と一緒にいないときは、ひたすら自分と一緒にいよう。

人は何かしたり、遊んだり、何かを見たり…何かをしているのが好きなんだな。だから何かすればいい。しなくてもいい。小説を読んで、何処かにスリップしてもいい。

何か出来なくては、と思うのもやめよう。

もう何でもいい。

したいことをして、その先に何が待っているのか?楽しみにしていよう!