わたしの、ホーム

揺るぎない安心感。

親に求めなくても、自分でご飯を作ればそこが居場所になる気がする。

それが、ホーム。

寂しくないかもしれない、1人でも。

 

一緒にいた人が、夜になると家に帰っていく。

帰る場所があって、待っていてくれる人がいていいな。

晴れた日に、太陽の下で複数人数で遊ぶ。

そんな人を羨ましく思っている。

それを想像しては、わたしは落ち込んでしまう。

わたしは人と一緒に過ごせない人なんじゃないかと…

だけどそんなのは、わたしの勝手な妄想じゃないか。

人は、知ってみると意外といろいろある。

勝手な妄想をして、落ち込むな、わたし!

得手、不得手があるのだ。

家庭環境が影響しているのだ、と心屋さんも言っている。

いいの、いいの。

1人の時間がいっぱいあるから、それを、楽しもう。