人の稼ぎをアテにしているうちは

決して満足しないだろう。

自分を信じていないから。

自分にも稼げる才能があることを。