自己肯定感とは?

例えば私なら、「人が怖い」と感じた時

そう思っていることを許可する、という感じなのではないか。

いつもなら打ち消すけれど、思っていることを受け入れることによって、自分を肯定し、「自己肯定感」を持てるのではないか、と思った。

 

自分をいいように捉える、とか考え方を変える

とかではない。

自分を受け入れることによって、感じ方が変わる、というものではないだろうか。

 

「人が怖い」と感じたわたしから出てくる、わたしの言葉。

もっと深いところまでいってから、口に出してもいい。

なんでそう思うのだろう。

いつから?

何があった?

それによって気づかされることは何だろう?

お腹の中にしまった塊を、突くように

溜め込んだものは、何だろう?

 

あ、「自己肯定感」に気づくため?なのか。

自分の思いを否定しないことだ!

そこから始まる。